Journey on for JOY

2020/06/27 14:40

Rmenber and forget it
夏至から一週間が経ちました。
東京近県でも制限が解除されてしばらくたちましたが、堰を切ったように様々なニュースが飛び込んできました。
あなたにはどんなサインが訪れましたか?

ここから満月に意識を向けてカードを手にとりました。
WORK WITH YOUR LIGHT ORACLE CARDS です。

最初に床に落ちたのはSTAR SEEDのカード。
このカードデッキ自体がライトワーカーに語りかけるものでもあるのですが、宇宙での記憶を持つあなたへのメッセージです。
そして次に現れたのは"NO"のカード。ドキッとしますよね。
今世界はNOのフェイズにあるのだと思います。
全ては延期され先行きは誰にも見えません。二極化の世界の真ん中をゆく道の先には雷、大きな出来事が起こる前触れ。
今、自ら事を起こす時ではないとカードは告げています。

先週からの流れでーー個人的には、NOと言うことで、本来の自分に気づくようなことがありました。
職場で普通の人を演じて(ちょっと大袈裟ですが)ーー例えばとりあえず黙ってやり過ごそう、とか本心やプライベートは明かさないでおくように用心モードで過ごしている人は多いと思います。
かく言う私もコロナのこともあり集団に合わせていたのですが、それも解除です。
元々私はこうでしたと態度でNOを表したと言うのが今週でした。

しかしカードは動かずに期が熟すのを待つ時間とは "UNBOUND" 過去からの不必要なパターンを手放し、過去生において設定した不要なプログラムから解放されるための時でもあると。
通常占星術で星の留めの影響は前後3日などと言いますが、日蝕となるとその影響は大きいのでしょう。
私の感覚では、まだその余波のなかにあると感じています。
STARSEEDのカード、海と宇宙を眺めて何かを思い出しているあるいは"思い出して"と呼び掛けられているように感じます。
PLEIADES 未来からの呼び掛け、星と繋がること、そして地球の周波数を上げるためのサポート。
KEEPERS OF THE EARTH かつて地球で生きていた祖先、地球をサポートする存在。
COUNCIL OF THE LIGHT は目に見えない微細な世界における聖なる連合であり、ライトワーカーを見守っている存在。

どちらも私たちがその声に耳を傾ければーー助けを求めれば導いてくれるでしょう。
留めの今、人間の行動だけで何かを動かそうとするのでなく、より大きなーー高次元の存在が働きかける時間とスペースを作り待つ時なのかもしれません。

遍く光の旅人たちよ
この時を分かち合うために
海の底に沈む記憶を呼び起こし
夜空に羽ばたく翼の持ち主と共に
新しい道をゆけ
あなたの道は約束されたものであると光は告げる

良い週末をお過ごしください