Journey on for JOY

2020/02/16 15:34

雨の音で目が覚めて、グレー一色ーースローダウンの日曜です。
さて、下弦の月を迎えました。
ここから満月へ向けて、カードに訊ねてみました。

今日のデッキは『SPIRIT ANIMAL ORACLE スピリット アニマル オラクル』です。
今日は提案されているスプレッドの通りに展開してみます。
「今」を知り、未来を思い描くワーク
というスプレッドです。

1枚目
ナイチンゲール スピリット
『愛は至る所にあります』
胸にカードをあてると、"愛""傍に""寄り添う"などの言葉が断片的に浮かびました。 
そして "私の歌をあなたに捧げます" と告げられました。
「現状」を表す位置です。
夜明けは近いーーそしてたとえ暗闇の中で見えなくてもーー愛はそこにあり、耳をすませば聞こえると言われているようです。
Unknown Sound (ライトランゲージ)の伝達もまた、そのような性質のものだと感じます。

2枚目
モス(蛾)のスピリット
「委ねてください」
"生きる道、術、能力"
見るからに特異なカードです。ブックレットにも「蛾のスピリットのエネルギーは強烈です」とあります。
今、足りないもの・ことは何か を表す位置にあり、プロテクション(逆)メッセージを読むように書かれています。
実際、逆位置で現れました。
さて、解説にはーー完璧さを求めたり極端な行動に走らず妥協する、あるいは執着や依存を手放すことで中庸を目指すようにと書かれています。
私が受け取った単語は、私が執着しているものでした。
昨日みていたドラマが、世界中に散らばる"ロマノフ家(王朝)の末裔"と自称する人々の人生を切り取った話でした。
今思えば、それは様々な"執着"についての物語と言えるかもしれません。
その前日にサインだと受け取ってupしたのは中庸を教えてくれるクリスタルのエッセンスでした。
依存もまた、一つのことに頼りすがることから生まれます。

3枚目
豚のスピリット
「あなたの知性を働かせましょう」
今、注意を向けるべきこと の位置に現れました。
逆位置のメッセージを読むようにとありますが、私はカードの位置のままの方がしっくりくるのでそう読んでみます。
重い豚が軽い雲に乗っています。そしてその胴には羽も生えています。
白い毛並みを持ち、その肌はピンクで、白と赤の中間の色です。
「知性とは理性と直観の両方を重視することです」分析力と柔軟性、などについて書かれています。

私が受け取った言葉は "もたらされる幸福" でした。
「全ての情報や事実を考慮に入れて分析しましょう」という解説が響きます。
何かを選択しようとするとき、最終的には自分が決めるのですが、自分があれこれ考えたことよりも、ふともたらされたーー飛び込んできた情報に"これだ"と感じることが多々あります。
蛾ー囚われた極端な思考の外からもたらされる情報にアンテナを張って見ると良いかもしれません。
よく見ると、豚の胴に生えた羽は、カチューシャのように着けられているのです。
肉体に外付けされているファカルティーー直観と言えなくもありません^^

4枚目
鯉のスピリット
「十分な豊かさがあります」

2と3に従った(をアドヴァイスに行動した)結果 の位置。
これは逆位置で現れました。

第3の目、そして頭の両耳の上のお鉢の角のあたりに強いセンセーションを感じました。
言葉にはなりません。
限られた資源(池や水槽)の中でも悠々と泳ぐ鯉。
鯉の身体そのものは金色に輝いていますが、それは神や人から見てわかるもので、当の鯉がその体の美しい色と模様を喜んでいるかはわかりません。
カードの隅には蓮の実と枯れかかった葉、そして水の底に曼荼羅のようなハスの花のエナジーが描かれています。
泥の中から花を咲かせる蓮と、濁った水の中でも生きる鯉。
枯れかかった姿になる頃実がもたらされますが、むしろ人を養う蓮根は泥の底にもたらされています。
見えないところ、盲点に眠る宝。
内側にある豊かさ、あなたが差出せるものとは何でしょうか?
それに気づき、差し出すーー与えることで豊かさは巡るようになるでしょう。

新月と共に新しい豊かさが巡ってきますように。