2018/05/15 10:55

ここ数日、個人的にはひどい頭痛に悩まされ思うように動けず休んでいました。
そして8チャクラのエッセンスを珍しく摂っていました。
今朝もすでに耳鳴りがありますし、頭に響くものを感じますが、幾分良くなりました。
昔から満月の前には具合が悪くなったりしましたが、これは新月前の症状なのかもしれません。

今夜迎える新月と天王星の牡牛座入りなど控える星のイベントを意識して、ギャラクティック・ルーツ・カードを引いてみました。
70  完全にゆだねる リラ  未来

牡牛座と言えば、まずルーラーである金星、そしてプレアデス星団、あるいはアンタレスを思い浮かべるかもしれません。
ですが、そのような"星"にこだわるのでなく、
このカードの「完全にゆだねる」という学びが今日のエナジーに影響し、リンクしているととらえられると感じます。

初期のリラの課題であった「現実を動かそうとコントロールする」傾向を乗り越えた後の時期/FUTUREのカードです。
この古い時代の課題は、今の地球にも通じる課題だとリサ・ロイヤル氏は書いています。

数年前に流行った「引き寄せ」は意志と行動で引き寄せを起こし、未来を望むものに近づけるようコントロールする--まさにそんな感じです。
しかし、宇宙の中のあまたある星の中のただ一つの星である地球を想像してください。
物質を構成している原子の99%は空間であり、物質は1%にすぎません。
そのように、世界は99%が見えないもので満たされており、そして"引き寄せ"は1%の物質から成る現実にのみを動かそうとする行為ではないかと、Light Languageを教えるジェイミー・プライスは問いかけます。

私自身、その話を聞いて以来実験をしている最中ですが、リラックスすることで意識が変わるということを何度か経験しました。
それでもまだ完全にゆだねるということには程遠く、次はどうする?よりスマートな方法は?と自らの手を打とうとしてしまうのです。
そこへ突きつけられたこのカードはチャレンジのように思えます。

この牡牛座新月で掲げられるのは牡牛座の完成形、We haveという意識です。
個人を超えて社会へ。
その時個人の意志によるコントロールはもう及びません。
もっと違う方法、自身のリラックスした平和な心こそが宇宙からの流れを呼び込み、結果として全体に奉仕することになるのかもしれません。

コントロールを手放すのには第3チャクラの浄化を。
そして頭と心を癒すのにアメジストが良いツールとなるかもしれません。
第7・第8チャクラのメンテナンスも。
あれこれ行動するよりは、瞑想し内に耳を澄ませるひと時を持ってはいかがでしょうか。

I have から We have へ というキーワードはこの方の記事に見つけました。
ルミナ山下さんのblog


  • Home
  • About
  • Blog